太ももダイエットで足痩せしましょう

バラのプリザ

下半身は太りやすい部位だと言われています。特に気になってしまう部分として、太ももが挙げられますね。ダイエットのときでも、太もものたるみが目に付いてしまう方も多いのではないでしょうか?

私も太ももは体の中で気になる部分の一つです。ピチピチでむっちりとした太ももを見られるのが嫌で、外出時はよく長めのスカートを履いて隠すことがあります。

悩ましい太もものたるみを解消するには、一体どのような方法があるのでしょうか?今回は、そんな太ももの部分痩せに焦点を当てた、太ももダイエットについてご紹介します。太ももダイエットを行って、足痩せしましょう。

太ももダイエットとは

太ももは下半身で気になってしまう部位です。いざ、太ももを細くしようとしてもなかなか痩せてくれません。そもそも、なぜ太ももはこんなにも太りやすいのでしょうか?太ももが太くなる原因として、3つの原因が考えられます。

セルライトの発生

セルライトとは、簡単にいうと脂肪と老廃物の塊のことをいいます。太ももやお尻といった部位に付きやすく、太りやすい体質へと変化させてしまうそうです。このセルライトができてしまう原因として、リンパや血行の流れが良くないということが考えられます。

むくみ

むくみとは、水太りともいいます。リンパ腺や静脈の流れが悪いと皮膚の下に水分が溜まってしまうそうです。むくみは冷えやだるさを感じさせる原因にもなると言われています。

姿勢が悪い

姿勢の悪さも太ももを太くさせる原因だそうです。姿勢が悪いと骨盤が歪んだり、リンパの流れを悪くしてしまうと考えられています。

太ももダイエットを行う際には、まずこれらの原因を取り除くようにする必要があります。リンパの流れや姿勢の悪さなどに働きかけることで、太ももを少しでも痩せやすく出来るかもしれません。

太ももダイエットの方法

太ももダイエットの方法として、簡単なマッサージとエクササイズをご紹介します。どちらも自宅で簡単に行えるので、無理なくダイエットが出来ると思います。また、太もものむくみに効果のある食べ物もあるので、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

マッサージで太ももの老廃物を流す

太ももがたるむ原因として、老廃物の蓄積が挙げられます。このような場合は、リンパの流れを促していきましょう。リンパの流れを良くすることで、老廃物の排泄を促し、太もものたるみが気にならなくなります。溜まった老廃物を流すため、太ももの部分マッサージを行いましょう。マッサージの手順は以下の通りです。

(1)そけい部にはリンパ節があり、ほぐしていくと老廃物が流れやすくなります。まずは太もものそけい部を両手で押しましょう。息を吐きながら体重をかけてゆっくりと押してください。左右同時に5回ずつ行っていきます。

(2)手の平で太ももをさすっていきましょう。膝からそけい部にかけて全体的にさするのがポイントです。左右同時に5回ずつ行います。

(3)両手で内ももをつかみ上げ、ねじるように揉んでいきます。つけ根から膝まで全体的に揉んでいください。同様に外側も行っていきましょう。こちらも左右同時に5回ずつ行います。

寝転がりながら太ももの筋肉を鍛える

たるみのある太ももを引き締めるためには、筋肉を鍛える必要があります。「太もも筋肉を鍛えるならスクワットとかしなくちゃいけないんじゃない?」と思ってしまうかもしれません。しかし、スクワットよりも簡単にそして楽に行える方法が存在します。今回は、その方法についてご紹介していきましょう。

(1)横向きで寝転がります。左手は床に肘をついて頭を支え、右手は床に置いて体を支えましょう。このとき、足を数センチ浮かしてください。

(2)左足を上げ、ゆっくりと上下させましょう。足は真っ直ぐ曲げないように伸ばし、内ももを意識するようにしてください。これを左右同時に10回ほど繰り返します。

太もも痩せ効果のある食べ物

太もも痩せに効果のある食べ物をご存知ですか?太ももを痩せやすくするには、鉄分、ミネラル、カリウムといった栄養素を摂取すると効果的だそうです。

太もものむくみが気になっているときは、これらの栄養素を食生活に取り入れると良いかもしれませんね。具体的な食品の例を挙げると、以下の通りになります。

(1)鉄分→レバー、納豆、海苔など
(2)ミネラル→わかめ、ひじき、ほうれん草など
(3)カリウム→トマト、セロリ、大豆など

スポンサーリンク
336×280