生大根ダイエットはおろしで食べて消化酵素をたっぷり摂る

生大根ダイエット

大根は、おでんや漬物など和食に欠かせない野菜の一つです。また、メイン料理だけでなく、焼き魚のおろしなどの名脇役としても活躍するので幅広く使えます。

そんな大根ですが、実はダイエット効果もあるということをご存知ですか?いま話題の大根を使ったダイエット法、その名も「生大根ダイエット」です!一体、生大根ダイエットとはどのようなダイエット法なのでしょうか?

今回は生大根ダイエットについて調べたことを紹介しますね♪

大根の効果

昔、大根は薬として用いられていた野菜でした。大根には、ビタミンCや消化酵素が豊富に含まれており、風邪に効果的だと言われていました。現在においても、風邪のときには大根あめやおろし湯などにして症状を和らげているそうです。他には、消化促進や二日酔いなどにも大根は効果的だと考えられています。

大根の効果

そんな大根ですが、実際に使用されているのは根っこの部分であり、葉の部分は捨てているという方が多いのではないでしょうか。実は、大根で最も栄養のある部分は葉です。葉には、根に含まれていないカロチンやビタミン、ミネラルがたくさんつまっています。また、ビタミンCも葉の方がたっぷりと含まれているので、葉は捨てないで料理に活用しましょう。

生大根ダイエットとは?

生大根ダイエットとは、生の大根を食べて痩せるダイエットのことです。なぜ、大根がダイエットに効果的なのでしょうか。

実は、大根に含まれている消化酵素には消化を促す作用があるため、便秘が解消されるそうです。また、大根の辛味成分は代謝を上げ、体に脂肪が付きにくくなると言われています。大根には、ダイエットに効く働きを持った嬉しい野菜なのですね。

大根おろし

ちなみに、この生大根ダイエットでは、食事制限がありません。特に食事を減らしたり我慢したりすることがないので、食事の面ではあまりストレスを感じないダイエットだといえますね。

生大根ダイエットのポイントは、生のままで大根を食べるということです。大根に熱を通すと、中に含まれている栄養素が失われてしまいます。加熱せずに、生の状態で大根を食べるようにしましょう。

生大根ダイエットの方法

生大根ダイエットの方法は、一体どのように行うのでしょうか?ここでは、生大根ダイエットの方法についてご紹介していきますね。

1日に300g食べる

生大根ダイエットでは、1日にどのぐらいの量を食べればいいのでしょうか?一般的な目安として、1日に300gの生大根を食べるのが良いそうです。輪切りにしたとき、6cm程度の厚みになります。1回の食事に全て食べる切るよりも、朝昼晩の3回に分けると良いでしょう。

大根おろしがオススメ

生大根の食べ方としてオススメなのが、おろしです。大根に含まれている辛味成分は、すりおろしにした方が摂取しやすいと言われています。「大根は食べれるけど、おろしは苦手」という方は、無理せず別の食べ方を試してみましょう。サラダや浅漬けなど、おろし以外にも生大根には様々な食べ方があります。自分の食べやすい方法で摂取するのが一番です。

栄養バランス良く食べる

生大根ダイエットには、食事制限がありません。しかし、あくまでダイエット中なので、生大根を単品のまま食べ続けたり、偏った食事ではダイエットが難しいです。他の食品も一緒に摂取しながら、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

スポンサーリンク
336×280

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

スポンサーリンク
336×280