おかゆダイエットはお正月で疲れた胃にやさしい

料理

病人食というイメージが強いおかゆは、とても低カロリーな食べ物です。そんなおかゆを利用した、おかゆダイエットと呼ばれる方法をご存知でしょうか?

家庭でも簡単に作れるおかゆはとても手軽なので、おすすめのダイエットだと思います。また、お正月のご馳走で疲れた胃にやさしいですね。今回はおかゆダイエットについて調べたことを紹介します♪

おかゆの効果

おかゆといえば、胃に優しい食べ物として有名ですよね。おかゆには、体を温めたり血行を良くするといった効果があります。また、消化しやすく胃に負担をかけないため、食べ過ぎた時などにはピッタリな食べ物です。おかゆは、風邪や病気のときに食べるというイメージが強いかと思います。

最近では、おかゆを使ったレシピが豊富となり、普段の日でもおかゆが食べられるようになりました。体が冷えたり、胃の調子が悪いと感じたときには、おかゆを食べると良いですね。

おかゆダイエットとは?

おかゆダイエットとは、おかゆを食べてダイエットする方法です。低カロリーなおかゆは、ダイエットに効果的な食品として注目されています。ご飯の代わりとして食べるだけでも、約90kcal減らせるそうです。また、おかゆには水分がたっぷりと含まれているため、満腹感を得やすいとも言われています。低カロリーにも関わらず、少量でもお腹いっぱいになれるのは嬉しいですね。

和食

しかし、このダイエットで注意していただきたいのは、食事をおかゆ単品にしないことです。低カロリーとはいえ、おかゆのみでは栄養バランスが崩れて体に良くありません。おかゆと一緒に野菜や魚などの食品から栄養を摂取し、ダイエットに励みましょう。

おかゆダイエットの方法

おかゆダイエットを行うには、いくつかの方法があります。その方法についてご紹介していきますね。

おかゆを主食にする

おかゆを主食にしてみましょう。主食をご飯からおかゆに変えることで、摂取カロリーを抑えられるそうです。しかし、3食全ておかゆを食べるのは難しいと思います。朝食と夕食の主食をおかゆにするだけでも、効果は得られるみたいです。

温かいおかゆを食べる

ダイエット中は、おかゆを温かくして食べましょう。温かいおかゆを食べると体温が上がり、代謝を高めると言われています。その結果、発刊作用やカロリーの消費を促すそうです。おかゆは冷まさずに、温かいまま食べるようにしてみてくださいね。

食べ飽きない工夫をしてみる

おかゆは味付けが薄いため、毎日食べ続けていると飽きてしまうかもしれません。そんなときは、おかゆに色々なアレンジをしてみましょう。おかゆといえば、梅干がオーソドックスですね。塩や醤油などの調味料でも充分美味しく感じます。また、最近では野菜やキノコ類が入ったおかゆもあるそうです。ご自分の食べやすいよう、おかゆにアレンジを加えてみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

スポンサーリンク
336×280