週末の玄米ダイエットでキレイ痩せ

朝は和食

玄米は美容食として有名な食品です。最近では、痩せ効果もあるということから、玄米を使ったダイエットも色々と出ています。

玄米というと「健康な体になりやすい」「美容に良い」などのイメージが浮びやすいです。その一方で、「消化されにくい」「調理に時間がかかりそう」といったマイナスなイメージもあるかもしれません。

玄米は白米に比べると食べにくく、多くの方が少し敬遠してしまうかと思われます。しかし、そのぶん玄米には様々な栄養素がたっぷりと含まれており、体の内側からキレイにしてくれる食品です。

今回は玄米ダイエットについて調べたことを紹介しますね♪

玄米ダイエットとは?

玄米ダイエットとは、玄米を食べてダイエットを行う方法をいいます。
玄米とは、もみを取り去っただけの精白していない米のことです。白米を主食にしている人にとって、玄米はあまり馴染みのない食品かと思います。しかし、玄米は白米よりも栄養素の多い健康食品として、最近注目を集めているそうです。

玄米には、ビタミンやミネラル、繊維質といった栄養素がたっぷり含まれています。特に、繊維質は体内の有害物質を排出させる働きがあり、便秘に効果的だそうです。また、がんなどの病気の予防や美容効果といった作用もあると言われています。まさに、玄米は女性の味方ですね。

玄米ダイエットの方法

玄米ダイエットを行うには、いくつかの方法があります。その方法についてご紹介していきますね。

週末だけ主食を玄米にする

日本人の主食と言えば白米ですが、週末だけ主食を玄米にしてみましょう。
先ほど書いたとおり、玄米は白米よりも多くの栄養素を含んでいます。週末だけ玄米を食べることで、体内の廃棄物が排出され、お腹周りがスッキリしてきます。また体質改善にもつながるので、体の中からキレイになりやすいです。

腹八分目まで

いくら栄養素が豊富とはいえ、玄米を食べ過ぎてしまうとその分多くのカロリーを摂取してしまいます。それでは、一体どのぐらい食べればいいのでしょうか?

一般的には、一回の食事につき腹八分目が理想的だと言われています。玄米は腹持ちが良く、食欲を抑えてくれる効果があるそうです。腹八分目までに止めておくのが丁度良いそうなので、食べ過ぎないように分量を守りましょう。

しっかり噛んで食べる

玄米は白米と違って、固い食感が特徴的です。そのため、玄米を食べるときはしっかりと噛むことが必要です。
また、ゆっくり噛むことで早食いを抑えられるため、余計なカロリー摂取を控えられます。玄米をよく噛んで食べるという習慣を身に付けてみましょう。

スポンサーリンク
336×280

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

スポンサーリンク
336×280