にんじんダイエットで体内に溜まった老廃物を排出し、お腹周りをスッキリ

紅白なます

にんじんは、カレー、シチュー、肉じゃがなど、さまざまな料理に使われています。色鮮やかなオレンジ色は、彩としても重宝しますね。

もともと、にんじんという名前は朝鮮にんじんの色と似ていたことから付けられたそうです。日本ににんじんが入ってきたのは、江戸時代の頃だと言われています。そんなにんじんも、今では私たちの身近な野菜として大活躍しています。

ところで、最近にんじんを使ったダイエットが話題なのをご存知ですか?栄養価の高いにんじんを使って痩せられるため、雑誌などでも取り上げられたそうです。今回はにんじんダイエットについて調べたことを紹介しますね♪

スポンサーリンク
336×280

にんじんの効果

にんじんに含まれているカロチンは、万病の予防や治療に効果的だと言われていました。そのため、にんじんは昔から民間療法に用いられてきたそうです。現在でもその効果が期待されており、高血圧や風邪の予防、さらには抗ガン作用もあると考えられています。また、便秘解消の効果もあるそうなので、ダイエットにもピッタリみたいです。

カロチン以外の栄養素としては、カルシウムや鉄、リンなどが挙げられます。どれも健康には必要不可欠な栄養素ばかりです。栄養価が高く、健康に良い野菜なので毎日食べられるようにしたいですね。

にんじんダイエットとは?

にんじんダイエットとは、にんじんを食べながらダイエットをすることです。にんじんには、便秘解消の効果があると言われています。そのため、体内に溜まった老廃物を排出し、お腹周りをスッキリさせるそうです。また、にんじんはヘルシーな野菜なのでカロリーを気にせず食べられます。

にんじん

にんじんダイエットのポイントは、にんじんだけを食べ続けないことです。いくら栄養価が高くても、にんじん単品では体に良くありません。他の食材と一緒にバランスよく栄養を摂り、健康的なダイエットを行いましょう。

にんじんダイエットの方法

にんじんダイエットを行うには、いくつかの方法があります。その方法についてご紹介していきますね。

葉は捨てない

つい必要ないと思われがちなにんじんの葉。「どうせ使わないから・・・」と思って捨てていませんか?実は、にんじんの葉は根よりも栄養豊富だそうです。最近では、葉が取られた状態でお店に並ぶにんじんが多いです。葉のついたにんじんを見つけたときは、ぜひ根と一緒に料理してみましょう。

しぼり汁を飲む

にんじんを500gすりおろし、しぼり汁にして1日に3回飲みましょう。にんじんのしぼり汁は便秘に効果的だそうです。しぼり汁をそのまま飲んでも良いですが、甘みを加えると飲みやすくなります。中でもはちみつがオススメです。

ジュースやヨーグルトにも最適

もともと、にんじんは甘みが含まれている野菜です。ジュースやヨーグルトと一緒に混ぜると美味しく食べられるので、デザートにも加えられます。また、ヨーグルトには美容効果があるため、肌の調子を整える効果も現れます。にんじんが苦手な人は、ジュースやヨーグルトにして食べやすい工夫をしてみましょう。

スポンサーリンク
336×280

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

スポンサーリンク
336×280