ウエストダイエットでくびれ作り

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

ある夏の日

くびれのあるウエストに憧れます。テレビや雑誌などでモデルさんのキュッと引き締まったウエストを見ていると、とても羨ましい。今回はウエストダイエットについて調べたことを紹介しますね♪

私は今までずっと「くびれのあるウエストになりたいな~」と思っていました。しかし、ウエスト周りはどうも痩せにくいですね。がむしゃらに痩せようと思っても簡単に痩せられるものではなく、お腹周りはいつもプニプニのお肉が。自分のウエストを見るたびに、思わずため息をついてしまいます。

ウエストを細くするには、何かしらの方法が必要なんだと思います。では、その方法とは、一体どのようなことなのでしょうか?

ウエストダイエットとは

ウエストダイエットは、その名の通り、ウエストを細くするためのダイエットを言います。

ウエストは太りやすい部分だとも言われているので、ウエストにくびれをつくるのは難しいです。なぜ、ウエストはこんなにも太りやすいのでしょうか?考えられる原因として、以下のようなことが上げられます。

リンパの流れが悪い

リンパの流れが悪くなってしまうと、老廃物が溜まりやすいと言われています。特に、ウエストは内臓に近い部分なので、内臓を守るために脂肪が付きやすいそうです。不要な老廃物を押し流すために、リンパの流れを良好にさせる必要があります。

姿勢のゆがみ

一見、あまり関連性がなさそうに見えますが、姿勢が悪いとウエストが太くなってしまうそうです。猫背や同じ姿勢を続けていると、筋力が衰えて脂肪が増えてしまいます。ウエストは脂肪が付きやすい部分なので、一度脂肪が付くとなかなか痩せにくいです。

便秘

便秘もウエストが太くなりやすい原因の一つです。便秘になると、お腹に便が溜まった状態になり、自然と代謝が悪くなってしまいます。

いかがでしょうか?ウエストが太りやすくなる原因として、意外に感じたものもあるはずです。上記のどれかにピンと来たら、まずその原因を解消することから始めてみませんか?

カラフフルなお洋服

ウエストダイエットの方法

「ウエストにくびれをつくりたい!」という方に、ウエストダイエットの方法をご紹介します。ウエストを引き締めるには、マッサージやエクササイズなどが必要です。どの方法も、簡単に行えるので無理なくウエストにくびれをつくることが出来ると思います。

溜まった老廃物を押し出すマッサージ

ウエストには、老廃物が蓄積しやすい言われています。ウエスト周りをスッキリさせるためにも、溜まった老廃物を押し流すマッサージを行いましょう。

(1)両手を使ってウエスト周りを指で縦と横につまんでいきましょう。なるべくウエストの肉を多めにつまむのがポイントです。
(2)次に、ウエスト周りをつまんで軽く前にねじりましょう。わき腹だけでなく、お腹全体に行うと良いです。
(3)最後に、両手でウエストからおヘソまでマッサージしましょう。溜まった老廃物を下に流すイメージで、5回ほど行ってください。

マッサージでリンパの流れを良くする

リンパの流れが悪いとウエスト周りに脂肪がたまりやすくなるそうです。リンパマッサージをしっかりと行って、痩せやすいウエストづくりを目指しましょう。

(1)ボディクリームをウエスト周りに塗ります。軽く筋肉をほぐすため、ウエスト周りを軽くつまんだり揉みほぐしてください。
(2)手の平を使って大きく円を描くようにさすります。お腹全体をまんべんなくさすり、これを10回ほど行いましょう。
(3)次に、両手で腰骨のあたりから中央に向かってさすりましょう。リンパの流れに沿うように、下へゆっくりとさすり下ろしてください。

足を上げてキュッと引き締め効果

姿勢の悪さに悩んでいる方は、足を上げるウエストを引き締めましょう。イスに座って姿勢を正したまま行えるエクササイズなので、誰でも気軽に行えると思います。

(1)イスに座って両手は外側にもっていきます。このとき、腰を後ろに反らせるように、背筋を伸ばす意識をしてください。
(2)ゆっくりと片足を上げます。膝を曲げずに真っ直ぐつま先まで伸ばします。この状態を10秒間保ちましょう。
(3)10秒経ったら片足を下ろし、同様にもう片方の足も上げます。左右この動作を5回ほど行ってください。

スポンサーリンク
336×280