ダイエットのときも意識したい、ビタミンの働き

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

グアバ

ビタミンは、微量栄養素で主に体の調子を整える働きがあります。ビタミンは13種類あって、脂溶性と水溶性に分かれます。

脂溶性ビタミンの働き

脂溶性ビタミンの働きと多く含まれる食品を挙げますね。

ビタミンA(レチノール)

・ビタミンAの働き:視力の低下を防ぐ。皮膚と粘膜を維持する。免疫機能を高める。
・多く含む食品:鶏や豚の肝臓(レバー)、ウナギの蒲焼、モロヘイヤ、ほたるいか

ビタミンD(カルシフェロール)

・ビタミンDの働き:カルシウムの代謝に関わる。骨粗しょう症を防ぐ。筋肉を維持する。
・多く含む食品:きくらげ、さけ、あんこうの肝、かれい、にしん、さんま

ビタミンE(トコフェロール)

・ビタミンEの働き:老化を防ぐ。血行を促進。肩こり、頭痛、冷え性を防ぐ。発ガンを抑制する。
・多く含む食品:小麦胚芽、アーモンド、ウナギの蒲焼、たらこ、アボカド

ビタミンK(フィロキノン)

・ビタミンKの働き:骨粗しょう症を防ぐ。血液の凝固作用に関わる。
・多く含む食品:納豆、モロヘイヤ、バジル、小松菜、ほうれん草

水溶性ビタミンの働き

水溶性ビタミンの働きと多く含まれる食品を挙げますね。

ビタミンB1(サイアミン)

・ビタミンB1の働き:糖質をエネルギーに変え、精神を安定させる。筋肉の疲労を防ぐ。
・多く含む食品:豚ヒレ肉、ウナギの蒲焼、小麦胚芽、すっぽん

ビタミンB2(リボフラビン)

・ビタミンB2の働き:成長を促進する。脂質や糖質の代謝に関わる。口内炎を防ぐ。
・多く含む食品:豚・牛・鶏の肝臓(レバー)、ウナギの蒲焼、さば、アーモンド

ビタミンB6(ピリドキシン)

・ビタミンB6の働き:たんぱく質・脂質・糖質の代謝に関わる。抗アレルギー作用。
・多く含む食品:牛の肝臓(レバー)、まぐろ、かつお、さけ、さば、いわし

ビタミンB12(コバラミン)

・ビタミンB12の働き:悪性の貧血を防ぐ。記憶力や集中力を高める。
・多く含む食品:牛・豚・鶏の肝臓(レバー)、しじみ、あさり、にしん、さんま

ビタミンC(アスコルビン酸)

・ビタミンCの働き:免疫力を高める。貧血を予防する。肌のシミを防ぐ。コラーゲンの生成に関わる。
・多く含む食品:グアバ、アセロラ(果汁)、パパイヤ、キウイフルーツ、いちご

ナイアシン(ニコチン酸)

・ナイアシンの働き:脂質や糖質の代謝に関わる。血行促進。頭痛や冷え性を予防する。
・多く含む食品:かつお節、ぶり、塩さば、豚・牛の肝臓(レバー)、鶏ささ身

葉酸

・葉酸の働き:貧血を防ぐ。病気に対する抵抗力を高める。胎児・乳幼児の発育を促す。
・多く含む食品:牛・豚・鶏の肝臓(レバー)、ほうれん草、じゃがいも、大豆、ブロッコリー

ビオチン

・ビオチンの働き:たんぱく質・脂質・糖質の代謝に関わる。白髪を予防する。
・多く含む食品:牛・豚・鶏の肝臓(レバー)、いわし、ピーナッツ

パントテン酸

・パントテン酸の働き:たんぱく質・脂質・糖質の代謝に関わる。免疫力を高める。善玉コレステロールを増やす。
・多く含む食品:牛・豚・鶏の肝臓(レバー)、からすみ、フォアグラ

ビタミンの食事摂取基準は?

ビタミンの食事摂取基準は厚生労働省ホームページをご覧ください。
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

生きる上で大切なビタミンですが、脂溶性ビタミンを多く摂り過ぎると体内に蓄積され、頭痛や吐き気などの症状を引き起こすそうです。ダイエットのときには注意しましょう。

スポンサーリンク
336×280

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

スポンサーリンク
336×280