二の腕ダイエットでたるみを解消

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

大輪のバラ

二の腕のプルプルしたぜい肉が気になりませんか?特に、夏は露出の多い季節です。ノースリーブが多くなるので、ふとましい二の腕を出さなければなりません。

私は二の腕を見せるのが恥ずかしくて、半袖やノースリーブを着れない時期がありました。ふとましい二の腕を出すのは少し気が引けてしまいますね。なんとか夏までには、二の腕をキュッと引き締めたいものです。

今回は二の腕ダイエットについて調べたことを紹介しますね♪

二の腕ダイエットとは

二の腕ダイエットとは、二の腕のたるみを解消するダイエットのことです。二の腕はたるみやすい部分ですが、なぜこんなにもたるみが付いてしまうのでしょうか?考えられる原因として、以下のことが考えられます。

上腕三頭筋の衰え

上腕三頭筋は、二の腕の筋肉のことを指します。この上腕三頭筋は、主に物を押したりするときに使われるそうです。しかし、日常生活の中で二の腕を使うことはあまりありません。そのため、上腕三頭筋が鍛えられずに、余計な脂肪が付いてたるみやすいと言われています。

セルライトがある

セルライトとは、脂肪と老廃物の塊ことだそうです。二の腕だけでなく、お尻や太ももといった部位にも付きやすいと言われています。セルライトができてしまうのは、リンパや血の流れが悪いと発生するそうです。

いかがでしょうか?二の腕のたるみは、上腕三頭筋の衰えとセルライトが主な原因だそうです。

二の腕ダイエットの方法

二の腕ダイエットには、様々な方法があります。腕立てやエクササイズなど、身近に行えるダイエット法をご紹介いたします。自分に合った方法を選んで、二の腕ダイエットを行ってみてください。

腕立て伏せをする

腕立て伏せは、二の腕を引き締める効果があります。お風呂上りに10回ほど腕立て伏せを行うと、より効果的だと言われています。

しかし、中には腕立て伏せが苦手という方もいるかもしれません。そんな方は、膝を付けたままの腕立て伏せを行ってみましょう。膝付きなら負担も軽減させられるので、腕立てがしやすいと思います。女性など体力に自信のない方にオススメです。

ダンベルでエクササイズ

ダンベルを使ったエクササイズも二の腕のたるみを解消するそうです。家にダンベルがない場合は、水の入ったペットボトルを使用しても構いません。

(1)両手でダンベルを持って、脇をキュッと引き締めます。

(2)ゆっくり上へと向かって肘を曲げたり伸ばしたりを繰り返します。これを10回行ってください。

(3)ダンベルを後ろの方へと持っていき、同じように肘を曲げたり伸ばします。こちらも10回行いましょう。

二の腕ねじり

二の腕ねじりでキュッと引き締め効果を上げましょう。体力を使わずに気軽にできるので、女性にオススメのエクササイズだと思います。

(1)背筋をしっかりと伸ばし、真っ直ぐ立ちます。

(2)両腕を後ろに向け、右に10秒間ほどねじりましょう。このとき、腕は無理しない程度にねじるようにしてください。

(3)10秒間ねじったら、今度は左も同じようにねじります。

(4)これを左右5回ずつ行ってください。

スポンサーリンク
336×280