ダイエットのときも意識したい、たんぱく質の働き

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

お弁当

たんぱく質はアミノ酸として体内に吸収され、体を作るもとになります。プロテインというとサプリメントを思い出しますが、たんぱく質のことを英語では「protein」と言います。
たんぱく質は動物性と植物性があります。動物性たんぱく質でしか摂ることのできないアミノ酸もあるため、どちらも摂るほうがよいそうです。

たんぱく質の働き

主な働きを挙げますね。

  • 1g当たり約4kcalのエネルギーを発生する
  • 筋肉、臓器、血などを作る
  • 免疫機能を高める
  • 脳の働きを活発にする
  • 精神的に安定する

たんぱく質が不足してしまうと、体力の低下、免疫力の低下、記憶力の減退、貧血などを招きます。

必須アミノ酸の種類

アミノ酸は20種類ほどあって、その中で体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。必須アミノ酸はイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニールアラシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンです。
それ以外のものは、可欠アミノ酸と呼びます。

たんぱく質を多く含む食材

たんぱく質を多く含む食材を挙げますね。

  • 魚介
  • 大豆(豆腐、納豆)
  • 牛乳、乳製品

たんぱく質の食事摂取基準は?

たんぱく質の食事摂取基準は厚生労働省ホームページをご覧ください。
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

生きる上で大切なたんぱく質ですが、摂り過ぎるとエネルギーが余ってしまいます。結果、太ってしまうので、ダイエットのときには注意しましょう。

スポンサーリンク
336×280