ダイエットのときも意識したい、糖質(炭水化物)の働き

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

パン

糖質(炭水化物)は、主にエネルギー源となります。一日に摂取するエネルギーのうち、約60パーセントは糖質から摂ると言われています。ダイエットをするときは、糖質の摂取量を意識した方がよいですね。

糖質(炭水化物)の働き

主な働きを挙げます。

  • 血糖になって体内にエネルギーを送る
  • 1g当たり約4kcalのエネルギーを発生する
  • 中性脂肪になり体内に貯蔵される
  • 病気に対する抵抗力を高める

糖質(炭水化物)を多く含む食材

糖質(炭水化物)を多く含む食材を挙げますね。

  • パン
  • 麺類
  • イモ類
  • 砂糖
  • くだもの
  • ハチミツ

糖質の種類

糖質は単糖、二糖類、多糖類などがあります。
さらに単糖はブドウ糖、果糖、ガラクトースなどがあります。二糖類は麦芽糖、ショ糖、乳糖がなどあります。多糖類はでんぷん、グリコーゲン、セルロースなどがあります。

腸内で働くオリゴ糖

オリゴ糖は単糖が結合したもので、腸内のビフィズス菌のエサになって増殖を促進します。また、低カロリーの甘味料にもなっています。

ダイエットのときは果糖に注意

果物やハチミツに多く含まれている果糖は、体内で脂肪に変わりやすいそうです。果物やハチミツを食べるときは「脂肪に変わりやすい」と意識して、量に気をつけてくださいね。

糖質(炭水化物の食事摂取基準は?

糖質(炭水化物)の食事摂取基準は厚生労働省ホームページをご覧ください。
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

生きる上で大切な糖質(炭水化物)ですが、摂り過ぎると体内に脂肪として蓄積してしまいます。ダイエットのときには注意しましょう。

スポンサーリンク
336×280