ダイエット中でも外食したいときの工夫

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

レストラン

ダイエット中の外食は、どのようにしていますか?外食すると、つい高カロリーなメニューを頼んだり、野菜不足になりがちです。私もよく外食をしていて、単品メニューや好きな物ばかり食べていたため、太りやすくなってしまいました。

外食を避けたいと思っても、友達との付き合いやご飯を作る時間がなかったりすると、外食せざるを得ない状況になります。また「たまには家だけじゃなくて、外でご飯を食べたいわ」と思うときもあるのではないでしょうか?そんなときは、ダイエット中でも外食できる方法を試してみましょう。

今回はダイエット中の外食の方法について調べたことを紹介しますね♪

ダイエット中の外食はこう工夫する

ダイエット中の外食を行うには、いくつかの方法があります。その方法についてご紹介していきますね。

カロリー表示をチェックする

料理を注文するときには、カロリー表示をチェックしましょう。多くの飲食店では、メニューにカロリー表示が記載されています。大体500kcal~600kcal以下が目安だと言われているので、このカロリーを参考に料理を選ぶようにしましょう。揚げ物などの高カロリーなメニューよりも、野菜中心の料理や和食などがオススメです。また、注文した料理のカロリー表示をメモしておきましょう。それぞれの料理のカロリーについて理解しておくと、自炊の際カロリー計算するときに役立ちますよ。

食べる順番を変える

食べる順番を変えるだけでダイエット効果があります。食べる順番ダイエットとは、汁物→野菜→おかず→お米という順番で食事する方法です。最後にお米を食べることで、糖質の摂り過ぎを抑えると言われています。このダイエット法は、外食にも通用する方法なので、きちんとバランスの整った料理を食べることが必要です。ダイエット効果があって、尚且つ栄養バランスも摂れるのは、とても嬉しいですよね。

残せるものは残す

例え高カロリーな料理でも、注文した以上は残さず食べたいものです。しかし、お腹一杯に食べてしまうと、その分たくさんカロリーを摂取してしまいます。満腹になるまで食べるのではなく、8分目ぐらいに抑えるようにしましょう。また、残すのは野菜ではなく、メインのおかずやお米などが良いかと思います。なるべく野菜は最初から全部食べて、代わりに高カロリー物を残すようにしてみてください。

スポンサーリンク
336×280

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

スポンサーリンク
336×280